「いくらスキンケアを一生懸命にやってもお肌が応えてくれない・・・。」、30歳を過ぎてからはこんな風に感じることが多くなってきました。

何もしなくてもハリがあってピカピカしていた10代、メイクを覚えてスキンケアもはじめた20代、そして今に至りますが、30代になるとどうもお肌の様子が変わってくるみたいなんです。
年齢肌に向けた取り組みは、どうやらスキンケアだけじゃダメみたい。
ライフスタイルも見直していかないときれいにはなれなさそうです。

30代のお肌のハリがなくなるのは、コラーゲンの減少が原因です。
そして、しわやしみが増えてくるのは、回復力の低下が原因です。
この両方とも、女性のホルモンバランスが関わっています。

よく耳にすると思いますが、「ターンオーバー」によってお肌の細胞は新しく生まれ変わっています。
女性ホルモンのうちエストロゲンという物質と、細胞の生まれ変わりを促す成長ホルモンが減るとターンオーバーが遅くなって、ハリ、しわ、しみなどのお肌のお悩みに影響を与えてくるわけなんです。

ですから、エストロゲンと成長ホルモンを減らさないようにしなければならないのです。
それではどうすれば良いのかというと、質の良い睡眠がカギになってきます。
1日6時間以上の睡眠を確保することで、必要以上にエストロゲンと成長ホルモンが減ることがなくなります。

確かに、睡眠不足が続くとお肌のコンディションって悪くなりますよね~。

また、入眠してから3時間で深い眠りに入るのですが、この時にスムーズに眠りに就くことができるとエストロゲンと成長ホルモンの分泌が多くなります。
気持ち良く眠りに入るためには、夜はカフェインを含んだ飲み物を飲まないようにしましょう。
それと、入浴は早めに済ませて体温を下げておきましょう。

あと、好きな音楽を聴いたり、アロマのいい香りを嗅いだり、リラックスするのもおすすめです。

30代になって外見が変ってくるのは内側のホルモンも大きく関係しています。
質の良い睡眠をとって、きれいなお肌をキープしましょう。

化粧品を購入する時に、スキンケアコスメにしても、メイクアップコスメにしても、「同じ成分なのに価格が違うのってどうしてだろう?」って思ったことないですか。

使っている成分は同じでも配合率の割合が違ったり、原材料にこだわっていたりすることで価格に差が出ているんです。

例えば、わかりやすい例で言うと、コラーゲン配合化粧水と言っても、300円くらいで買えるものから3,000円くらいもするものまでありますよね。
必ずしも価格に比例しているわけではありませんが、安いものは配合率が低くて、高いものは配合率が高いということなんですね。

また、ファンデーションのようなメイクアップコスメだと、お肌にやさしいというフレーズをよく目にしますが、1,000円以下で買えるものから3,000円くらいするものまでありますよね。
一体どのようにお肌にやさしいのだろうかという点も気になるところです。
安いものはアルコールや保存料といった肌に刺激になるものを避けているだけで、原材料にはそれほどこだわっていません。
一方で、高いものは原材料にもこだわっています。

私の場合だと、ファンデーションはミネラルタイプのものを使っているんだけど、同じミネラルファンデーションという名前のものでもミネラル以外の成分が入っているものがあります。
「どうせならば安い方がいいなぁ~。」って思って、最初は安いものを買って使ってみましたが、お肌が荒れてしまいました。
もともと敏感肌なので、入っていた保存料にお肌が負けてしまったみたいです。

それ以降は、原料にもこだわっていて、天然ミネラルだけで作られているファンデーションを使うようにしています。
少々お値段は張りますが、肌荒れが起きないので安心してメイクを楽しむことができます。
私はいつも口コミや感想を見てどのメーカーのミネラルファンデにするか決めているんです。
 
⇒ ミネラルファンデーションの選び方-ランキングしてみたよ!

 

高ければいいというものではありませんが、配合率や原料の質の良さを見極められる知識を身に付けていた方が、美肌をキープすることにつながるんだと思いますよ。